裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< 中国の「カーフリーデー」、今度は空振り | Top | 遊びまくりのイエス・キリストが登場、CMにベルギー教会が激怒 >>
労組という言葉が何かを多重継承していて違う interface を基点にしているから訳が分からないって感じなのだろうか?

ある意味面白いので書いちゃった。 うっかり参戦したら絶対に勝てる訳がないので、 ここは弱気にコソコソとリンクだけ張ってみる。 トラックバックなんて怖いことはとんでもないのだ。

結構盛り上がっているから既にご覧になっているかもしれないが、 ネタは、 池田信夫 blog 厚労省にはフリーターが見えないのか と、 EU労働法政策雑記帳: 半分だけ正しい知識でものを言うと・・・ である。 一体激論のきっかけはどこにあるのか。

労働組合の始まりは、ギルドである

(池田氏)

労働組合の源流が中世のギルドであるという認識はおおむね正しい

(hamachan氏)

「おおむね」というからには、 この時点までは争いがないのだ。

つまり労組は「正社員」による独占を守る組織なのだ。

(池田氏)

逆であって、「組合員による独占を守る組織」なのである。

(hamachan氏)

このあたりだ。 でも私はここでもうギブアップだ。 既に2つの話の関連がよく分からないのである。 だから想像で書くのだが、 逆だというのだから、 少なくともhamachan氏の主張においては 「正社員」≠「組合員」なのだろう。 もし 「正社員」=「組合員」ならば、 「正社員による独占を守る組織」と「組合員による独占を守る組織」が同じになってしまうからだ。 このことは追記にも書いてある。

ギルド的組合と正社員組合は違うんだよ

え、ギルド的組合?

いや、「ギルド的組合」と「組合」の違いが分から…。

「ギルド的労働組合」という言葉も出てくる。 さらに「正社員組合」と「企業別組合」というのが出てきて、どんどん謎増。

一方の池田氏のブログには、 「労組」と「労働組合」という言葉が出てくる。 まとめると、この2つのページだけでも、 次のような言葉が出てくる。

・労組
・組合
・労働組合
・ギルド的組合
・ギルド的労働組合
・正社員組合
・(日本の)企業別組合

ド素人には、どう意味が違うのか、あるいは同じなのか、 含まれているのか、重なっているのか、 というのが全然…でもないがいまいち分からないのだ。 誰かクラス図描いてくれないだろうか?

冗談はぬきにして、想像してみた。 もちろんド素人の想像だから間違っているかもしれない、 というか間違っている確率高い。 それを承知の上で見逃してくれるとこれ幸い。

労組労働組合の略語で、 全く同義だろう。 文脈によって差がありそうだが、 これらは特に現代社会の労働組合を指していると思われる。

ギルド的組合 は2つの意味があって、 1. 原則として、 組合が社会に出現する過程の初期のものを指す。 つまり、原則として現代の組合とは異なる時代に属したもののこと。 2. 会社組織ではなく、同業他社の労働者のように、 同じ職という条件で成立している組合のこと。 現代社会にそのような形態の組合があるかどうかはブログだけからは不明だが、 文脈から想像する限り、 日本ではあったとしても例外的なものなのだろう。

ギルド的労働組合はギルド的組合と同意義だと思う。 ただし、使われている文脈中では、 こちらの方が若干抽象的な意味で使われているような気がする。

正社員組合というのは、 特に日本の現代社会に見られる労働組合の形態であって、 「組合」の一部(または大部分)がソレである。

(日本の) 企業別組合というのは、正社員に立脚すると書いてあるから、 正社員組合と同義か、かなり近い存在であろう。

なおド素人の私ごときが書くことではないが、 日本の労働組合は企業別労働組合(説明略)、 産業別組織(自治労や電機連合など、企業別労働組合の集合体?)、 ナショナルセンター(産業別組織の集合体?)、 のような階層構造を持つらしい。 だとすれば、 例えば電気連合は組合なのか(Yes?)、 組合だとして、企業別組合なのか(メタな意味においてNo?)、 というのが分からないが、とりあえず、ソレはソレとして、 要するに池田氏の言うところの「労組」が現代社会のソレを指しているのに対して、 hamachan氏のは労組創世記における労組を指しているだけの話ではないのか、 みたいな気がしないでもない訳でもないのだが、

結論: 何にせよ分かりにくい

ここで「用語を統一できないのか」とか、 「もっと分かりやすく書いて欲しい」とか言ったらえらいことになりそうだから、 そういうことは絶対に言わない罠。 あっごめんなさい。 分かりにくくてもいいです。 すみません。

| 独り言 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | 01:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/1153
トラックバック
[経済] またケンカ
池田信夫 blog 労働組合というギルド EU労働法政策雑記帳: 半分だけ正しい知識でものを言うと・・・ 池田信夫 blog 厚労省にはフリーターが見えないのか EU労働法政策雑記帳: 池田信夫氏とい
| jiangmin@pathfinder | 2007/09/26 2:28 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/26 1:37 PM |
やっぱり・・・わからんよねぇ
人気blogランキングへ ←クリックプリーズ(みなさんの愛の手を)  ここ数日、...
| つれづれコンサル | 2007/09/26 7:30 PM |
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE