裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< どこかに消えたパケット? | Top | 最近寝ると調子が悪くなることがよくあるのだが >>
君の知らない物語 〜 化物語エンディング

この夏のアニメは結構気合が入っていて、一番の収穫は化物語だと思うのだが、 このアニメのエンディングテーマ曲が売れているというので出遅れてしまったが紹介する訳である。 どんな歌かというと簡単にいえば星を見に行って横に座れなかったという話だ。

歌詞にも出てくる夏の大三角は白鳥座のデネブ、 織姫様といわれている琴座のベガ、彦星といわれているわし座のアルタイルの3つの星。 この中ではベガが一番明るくて、次にアルタイルが明るい。 アルタイルの明るさはランキングで12番目らしいから、かなり明るい星である。 どれも都会で見えるような明るい星だ。 ところが歌では、それが見つからないということになっている。

わざわざ星を見に行こうという話なのだから晴天に決まっているだろう。 灯りもない真っ暗な道を歩いていって、 その明るい星がなぜ見つからないのだろうか。 「星が降るような」夜空を見たことがあれば分かると思う。 星が見えすぎると、どれがどれだか分からなくなってしまうのだ。

何年か前に星を見ようとしたときに、北極星が分からなかったことがある。 近くに何十個も星が見えたらどれだか分からなくなってしまう。 かえって星が見えない都会の方が分かりやすい。

再度書かせていただくと、 この歌はざっくり言ってしまえば隣に座りたいと言えなかったというそれだけの話なのだが、 そういう状況の少年少女が今でも大勢いるようで、その世代にかなりの人気があるらしい。 歌詞は伏線だらけなのでうまく伝わるかどうかは微妙だ。 もちろんアルタイルとベガが出てくるのだから会いたくても会えないという状況は想像できないとおかしいが、 最近は七夕なんていっても盛り上がり方がちょっと違いますよね。

曲は星がたくさんある夜空をイメージさせるピアノの単音と、 瞬間的に音を止めるという使い方はありふれているが効果的に使われていて、 バンドをやったことがある人なら、こういう曲は演奏してみたくなると思う。

「化物語」というアニメのエンディングは2番の歌詞から入っているが、 本編とは関係あるようなないような微妙な話。 小説に似たような描写があるというのだが、すみませんまだ小説読んでない。 図書館で借りようと思ったら予約殺到していて、なかなか借りれらないし、買うお金がない。 アフィリエイトは「今回は規定の金額に達しませんでした」の連続だし、 もともアフィで儲かるなんて甘いことは考えてないけどね。

化物語はアニメにしてはかなり特異な作品だ。 好みによっては受け付けないだろうか。 ネットラジオで声優さんが言ってたが、収録に普通では有り得ないような時間がかかったらしい。 確かに絵と声のタイミングは絶妙だし、わざと完全に外しているところとか、技が出まくっている。 絵の方は「ef」のようにカットを多様した構成で、パロディもたくさんわらわらと出てくる。 絶望先生が出てきたのは意外だったが、それはおいといて、 出てくる女の子が全部萌え系だからそちらでハマっている人もいるかもしれないが(ていうか実際にいるが)、 化物といったら水木しげる氏の描くようなキモチワルイ先入観があるのならちょっと違うのがいいのかもしれないが、 このアニメはそういう所ではなくて心理描写である。 DVDも紹介しなくては。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| アニメ | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:45 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/1978
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE