裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< VAIO の AC アダプタのリコールが発表されているようだが | Top | MIFES 8.07 >>
Eclipse の tomcat plugin が使えなくなった?

何が原因かさっぱり分からないが、 画面上から tomcat を起動するアイコンが消えてしまった。 いろいろ試したが訳が分からないので、次の方法で解決。

・おかしくなったディレクトリは ¥usr¥local¥eclipse なので、 とりあえずこれを ¥usr¥local¥eclipse.old に rename しておく。

・Eclipse をインストール。というかダウンロード。 http://www.eclipse.org/downloads/ から、 Eclipse IDE for Java Developers (92 MB) (eclipse-java-galileo-SR1-win32.zip) をget。 これって以前使っていたのよりも、若干新しくなっているような気もするが、とりあえず気にしない。

・ダウンロードしたら展開して、 ¥usr¥local¥eclipse に移動しておく。

・plugin に sysdeo のフォルダをコピー。つまり、 ¥usr¥local¥eclipse.old¥plugins¥com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.2.1 の内容を、そのまま ¥usr¥local¥eclipse¥plugins¥com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.2.1 にコピーする。 これって今だとどこから download できるのか分からないのだけど、とりあえず手元にあったので。 ていうか、これがあるのになぜアイコンが出てくれないのかが謎。

・コマンドプロンプトで ¥usr¥local¥eclipse に移動して、 eclipse -clean -vm d:¥usr¥local¥java¥jdk1.6.0_16¥jre¥bin¥javaw で起動。 言い忘れたが eclipse は D: ドライブにインストールしてある。 これで tomcat のアイコンが出る状態になった。

・subclipse をインストールする。 help から install new software を選択して、 http://subclipse.tigris.org/update_1.6.x を指定。 名前は Subcripse としておく。 これで出てきた画面に全部 check を入れて install。 Eclipse を再起動。

これで subversion も使えるようになった。 workspace は以前のものがそのまま残っているから、 レポジトリとかそのままである。 tomcat を起動してみる。 問題なし。

さて、このままだと Ruby が使えないのだが、それは後でいいか。 しかし一体何が起こったのだろう?

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ソフトウェア | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:29 | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/06/15 3:05 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/07/04 2:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/2016
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE