裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< Cドライブがもう残り少ない | Top | ■えるC言語: case と default >>
■えるC言語: switch 文

ふ「萌えろいい女、という歌がありましたね。」

U「ないよ」

ふ「まあそれはおいといて、break の話ですけど。break文は、それを囲む最も内側の switch 文または繰り返し文の実行を終了させる、という決まりになっています。」

U「switch 文というのは?」

ふ「こんなのですね。

    switch (i) {
    case 0:
        foo();
        break;

    case 1:
        bar();
        break;

    default:
        printf("do nothing¥n");
        break;
    }

 変数 i がセットされる処理は省略しているのですが、この例だと、i の値が 0 のときには、foo(); が実行されます。1 なら、bar(); が実行されます。どちらでもない場合には、do nothing と画面に表示することになります。」

U「しかし、どこからどこまでが文なのか、分からないのですが。」

ふ「とりあえず、switch というところから、最後の } が出てくるまで、全部です。」

U「全部ひっくるめて文なのですね。なるほど。」

(つづく)

| C言語 | 01:53 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 01:53 | - | -
コメント
コメントする









Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE