裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< Ruby で unexpected end が出てしまう | Top | 雷が近づいてきたのでpcの電源を外した >>
X→Y は NOT(X) OR Y と等しい

情報処理技術者の試験らしいが、ここで X→Y は「XならばY」の意味とする。 これが NOT(X) OR Y と等しいということは、どこで習ったのか忘れてしまった。 中学校か高校か、そのあたりだと思うのだが、 意味的には、Xが偽ならYが何だろうが真、Xが真のときはYが真のときだけ真、というように覚えていた。 この前半の「Xが偽ならYが何だろうが真」というのが当時、違和感があったことを覚えている。

「鼻から悪魔」に雰囲気が似ているかも。

NOT(X) OR Y というのは計算機的【謎】な書き方で、 数学では次のように論理記号を使って書く。

¬X ∨ Y
JUGEMテーマ:日記・一般
| プログラミング | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/3160
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE