裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< Eclipse を update するようにという表示が出るのだが | Top | 朝に何か書こうとしたのだが >>
1つのディレクトリに大量にファイルを入れてしまうのだが

ある程度分散させた方がアクセスの効率がいいのか、とか思うのだが、実際、5000ファイル入れるのと10000ファイル入れるのと、どの程度の差があるのか測ったわけではないし、1箇所に全部集めるのは超整理法といって、そこだけ探せば必ず見つかるのだから、メリットがないわけでもない。

1つのディレクトリに対して頻繁にアクセスするわけで、HDDとか故障したら被害が大きくなるような気もするが、実際に被害があったわけでもないし。ただ、一覧を見るときには少しうんざりするかな。

JUGEMテーマ:コンピュータ

| コンピュータ | 20:09 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | -
コメント
FATは論外ですが(^^;NTFSでも一つのフォルダーに大量にファイルがあるとやたら遅くなりますね。
だいたい100超えたら何となく遅いなと感じるぐらい。
extとかxfsだと1000ぐらいは何とかなる感じですが、ワイルドカードを使って引数が長すぎると怒られない程度に抑えておく方が何かと便利です。

超整理法というのは、単に一か所にまとめてしまうというより、コンテンツ(内容)に依存せずに置き場所を決めてしまうという部分がキモ。
中身によって置き場所を決めるためにはいちいち中身を確認しなきゃいけない→面倒or時間がなくて整理しなくなる
という悪循環を断ち切るための工夫な訳で、外見的に、客観的に、悩まず分類できるものなら分類しちゃっても良い訳です。

という事で、私は年ごと、あるいは年月ごと(もっと件数の多い場合は年月日ごと)にフォルダーを分けて、ファイルを作り始めた日(他人からもらったものなら入手した日)を基準に分けるというやり方をしています。
この場合でも一か所にたくさん溜まらなければ良いということで、あまり厳格に分けずに、「これは一緒にしときたいな」というのがあれば一緒にしたりはします。
| <セルダン> | 2017/01/06 3:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/3862
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE