裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< 日本語の入力ができるようになったのたが | Top | remote desktop で接続して USBメモリを取り出そうとしたのだが >>
辛さを期待して帰ってきた暴君ハバネロを食べているのだが

辛い。それはおいといて、昨日の投稿で「から再起動」と書くべきところが「からさ息同」となっていた。ご指摘ありがとうございます。

誤記の原因は誤変換で、見落とすのが悪いわけで誤変換の言い訳をする気はないが、原理が知りたいので調べてみたが分からない。なお、OS は Windows7 で Microsoft IME を使っている。

昨日投稿した修正前の文章は「…でWindows を再起動することで解消した。remote desktop からさ息同したのが…」である。最初の再起動は正しく変換できているのに、2つ目が「さ息同」になっている。

「Windows を」と書いた状態に続けて「さいきどう」と入力して変換すると、「再起動」となる。別に何も不思議なところはない。ところが、同様に「remote doktop から」と書いて、続けて「さいきどう」と入力して変換すると「さ息同」となる。これは確実に再現する。「さ」のところで文節が切れている。

remote desktop という文字列は関係ないだろうと思って、「から」の後に「さいきどう」と入力して変換すると、やはり「さ息同」になる。しかし、「から」ではなく「ら」だけにして、この後に「さいきどう」と入力して変換すると「再起動」になる。

知りたいのは「から」の後に「さいきどう」だと「さ息同」になってしまうのは何故か、ということなのだが、さっぱり分からない。「から」+「さ」で始まる読み、という組み合わせに何か得別な条件でもあるのだろうか。

JUGEMテーマ:Windows

| Windows | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:26 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/3964
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE