裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
<< 週刊アスキーバックナンバーを買うという話のメモ | Top | Firefox の URL 入力テキストボックスの謎 >>
もう少しで無益な殺生をしてしまうところだったのだが長年の修行の成果あって殺さずに済んだみたいな

帰宅する途中、 足元に不穏な気配が。 踏み込まずにさっと2m程飛び上がって、 上の木の枝をつかんでぶら下がりながら 「大五郎、動くでないぞ」 「ちゃん」

な訳はないが、 子連れ狼にそういうシーンがあったが、 足元にいたのはカマキリで、 本当に踏む所だった。 無事なのか、と思ってツンツンしてみたら飛んで行ったから、 命には別条ないようだ。 なお、子連れ狼の方のシーンは、 道に毒を塗った撒き菱が置いてあったのを、 拝一刀が草履ごしに踏んだ僅かな違和感で感知して飛びのいた、 ということになっている。 多分。

さて、その夜に扉を叩く音がした。 こんな夜中に誰だろうと思って開けてみると、 若い娘が立っていた。 「道に迷ってしまいました。 大雪で閉口しています。 今晩一晩だけ停めていただけ

なんてことはあり得ないというかよく見たら怪人カマキリ娘というのも、 いまいち萌えないというか、 それはさておき、 子連れ狼というと月刊アフタヌーンに連載中の、 「世界の孫」というコミック。 これは某社長がソフトウェアの卸売り業から這い上がってネット世界で躍進し、 ついに大手携帯電話企業を買収、 とかいう話ではなくて、 のほほんとしたお孫さんがアレするとか、 やたら烏賊が出てきたりとかいうギャグまんがなのだが、 これの前回や前々回の話が子連れ狼のパロディで、 知らなければ何が面白いのか分からないんじゃないか、 という凄さだったのだが、 ちなみに今回の話は何か元ネタあるのだろうか、 ということを書きたかったのである。 私は。 だからジャンルが「漫画/アニメ」なのだ。

| アニメ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://phinloda.jugem.cc/trackback/540
トラックバック
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE