裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
Redmine + mongrel

redmine.jp には「webrick は動作確認以外には使用しないでください」とか書いてあるし、 じゃあどうするの、ということで mongrel をインストールしてみたら、 起動はうまくいくし、そこそこページも表示されるのだが、 管理画面で設定変更して保存しようとすると、

You ar being redirected

とか表示されて先に進まない。 sign out もできない。謎。

というわけで、一時的に webrick に逆戻りしているのだが、これって…。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 21:24 | comments(1) | trackbacks(0)
Ruby の掛け算で数値型だと思っていたら文字列だったので

何か様子がおかしいと思ったら文字列のまま連結していた。

hoge = hoge * 100

例えばこれで、元の値が 10 だと 1000 になることを想定していたのだが、 実は hoge が文字列だったために、

"1010101010101010..."

みたいな結果になったようである。 hoge.to_i * 100 にして解決。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0)
Ruby会議2010のチケット

今日から販売開始という話だったが、予定が遅れて 20:30 開始に延期されているようだ。 買い方がさっぱり分からない。 Ruby会議というのは内容よりもチケットの入手方法が難しいのではないか。

日本Ruby会議2010

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0)
Ruby で Array をカンマ区切りで CSV にするにはどうしたらいいか

最初、単に join で連結していたら、途中に「12,345」みたいなのがあって、 おもいっきりハマった。これ前も書いた記憶があるけど全然学習していない。

そこで、各カラムを double quote で囲んで join するにはどうすればいいか。 最初こんなのを書いた。

line = rows.join("¥",¥"");
"¥"#{line}¥""

別に悪くはないと思うのだけど、ダサダサっぽい。 後で気になったのは、全部 double quote で囲まなくてもいいんじゃないか、 というところである。 こういうのは Ruby ではどうするのか聞いたら、 これでちゅと言われた。

rows.map{|i| %Q("#{i}")}.join(",")

なるほど Rubyっぽい。先に囲んでおくのか。 これなら、カンマがあるときだけ double quote で囲むというのもできそうだ。

rows.map{ |row|
    row != nil && row.include?(",") ? %Q("#{row}") : row
}.join(",")

nil の判定は必要なのかな? ま、あっても困らないだろう。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0)
Redmine 0.8.0 RC

ちょっと反応が遅いかもしれないが、12/7 に公開されている。 機能が追加されているので、更新しようと思うのだが、 使っている途中で止めずに更新…なんて機能はないですよね、流石に。

Redmine.JP | Redmine 0.8.0 release candidate

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0)
SKIP が難しい件

一応、サーバーを起動して SKIP のトップページが出るところまでは行ったのだが、 こんなに難しいものだとは思わなかった。 コピーしてちゃちゃっと config して終わり、かと思っていたのだが。

全ての原因は、MySQL を既に使っているので、デフォルトでないポートで使いたい、 というところに起因している。 全部デフォルトなら簡単なのだと思うが、 MySQL を同一サーバーで複数立ち上げるというのは、 いろいろ面倒があるのだ。 つまり、別に SKIP 側が難しいという話でもないのだが、 例えば Ruby から my.cnf を読ませるにはどうするの、 みたいな問題が出てくるのである。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0)
rubygems 1.2.0

何か 2008-06-21 に 1.2.0 が出ているので update してみた。 もしかして、rubygems って、gem で update できるのか、 とか思って、

D:¥ruby¥rubygems-1.1.1>gem --version
1.1.1

D:¥ruby¥rubygems-1.1.1>gem update gem
Updating installed gems
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org/

ここで比較的長く待たされて、

Nothing to update

_| ̄|○

gem update --system というのに気付いたので、

D:¥ruby¥rubygems-1.1.1>gem update --system
Updating RubyGems
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org/
Nothing to update

_| ̄|   ○

どこを間違えたのだろうか? 結局、 rubygems-1.2.0.zip を download してきて展開し、 ruby setup.rb を実行。 流石にこれはうまく行ったようだ。

D:¥ruby¥rubygems-1.2.0>gem -v
1.2.0

しかし何が変わったのか全然理解していない罠。

download は RubyForge: RubyGems: ファイルリスト からできる。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0)
Ruby会議2日目

1日目はすごく良かったのだが疲れたので、 実は最後のセッションはパスして帰ってきたのだが、 爆睡してしまって、 起きたらブラポケ終わっていたという状況。

何とかかなり普通に歩けるようになったので、 2日目、最初の方のセッションはパス、 しかもちょっと疲れたし、 メインじゃなくてサブの方にいる。 午後のセッションからメインに移動する予定。

さて、Ruby会議全体を見てあまり誰も言ってなさそうなことを書けといったら、 やはりこれが第一印象というのは、

Rubyでキメたいのなら英語は必須

みたいな? できればマニュアル読めるとかいうのではなくて、 会話レベルで。 これは他の言語でもそうだと思うのだが、 過去の paper とか見て(Ruby的には温故知新と言っているようだ)参考にするというプロセスが必然になってきて、 それが最近だとインターネットの影響もあるのだと思うが、 読むだけじゃなくてコミュニケーションできる所までないとキツそうな、 そういう印象。

日本発の言語ってのは全然関係ないみたいだ。

JUGEMテーマ:インターネット
| Ruby | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0)
Ruby会議1日目

休憩時間に会場から。 今日はACないのでヤバいです。 無線LANが使えるらしいけど AIR-EDGEで接続。

さっきはM17N の話。 文字コード萌えの人は多いようだ。 Martin さんの話がかなり面白かったし的を射ていた。 M17N というから1ドキュメントに2種類以上の言語、 みたいなのはどうするのかと思ったのだが、 そこ突っ込んだ話は出てこなかったけど、 文字列単位に encoding 持つから簡単っぽい。

とはいえ、matching のときにどうするのか、 というような話はありそうな気がする。 出てきた話としては、 不正な文字列の場合にどう処理するか、 というのが考え中らしい。 確かに、不正な文字って結構出てくるから、 それどうするのか、という話はあると思う。 何語か分からないけど e-mail address だけは分かる、なんてこともある訳だし。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0)
土曜のRuby会議のどれを見ればいいか

0dayはゆるふわだったような気がするが、 土曜はギンギンにテクニカルな話が出るのではないかと期待している訳だが、 何か雨だよな。

基本的にメインセッションを見るつもりだが、 サブセッションの16:30〜17:00に Sequel の話をする人、 Rubyist 九州の新井さんという方だが、

仕事は99% Rubyでこなす。

といわれたら残りの1%が滅茶苦茶気になるのだが。

17:00からの Mechanize, Hpricot, vimscriptなどの話も気になるのだが、 流石に30分でこのあたりの話ということは、 即戦力になるような技は期待してはいけないのかもしれない。 もっとも、 こちらはうっかり Hpricot 使ってメモリ 2GB を使い果たしてしまって give up する程度の技しか持ってないから、 何か聞かないと損するような気がしないでもない。

この時間帯、 メインでぶつかっている 「成功するRuby教育のプラクティス」 というのがもっと気になる。

金曜のセッションでは「文法が難しい」という話が飛び出した。 文法というのはプログラミング言語の中では最も簡単な話であって、 これが難しいということは、何もできないというのと殆ど同じだと思うのだが、 最近のプログラマーのレベルが一体どこに行ってしまったのかというのも気になっていて、 さらに、そういうレベルの人達相手にどんな話をすればプログラム書いてくれるか、 という話も期待したい訳だ。

昨日は質問しようかと思ったが結局歩くのも面倒だし黙っていたのだが、 Ruby の既存のコードを見ていると、 どうもオブジェクト指向とは違った方向に行っているような気がするのだが、 気のせいだろうか、 というのを誰かに質問してみたかったのである。

世の中にはオブジェクト指向のモデリングでピタッとはまるものと、 全然的外れで全くダメなのと、その昼間なのと、 様々なドメインモデルが存在するのだが、 これを Ruby で対応しようとすると、 ベストプラクティスはもちろん、 オブジェクト指向的な現実モデルはオブジェクト指向的抽象化を行い、 そうでないモデルは…あれ、どうするのだろうか、Rubyだと? アスペクト指向とか、サスペクト指向【謎】とか…。

まあ冗談はおいといて、 実際は逆を行ってしまうというのは、 OOP でやった方がいいのになぜかベタ書きになっているとか、 そういう話。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| Ruby | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2/3PAGES >>
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE