裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)

コンピュータ・プログラミング系の話がメインのそれなりにごちゃごちゃしたネタばかり出てくるサイトです。多分。
パソコンの電源がなかなか切れないとどのような行動に出るか

私のようにパソコンとの付き合いが長いと、 放置しておけばそのうち勝手に電源が切れるだろうと思うのだが、 どうも落ち着かない人が多いらしい。 特に、せっかちな人は電源を強制的に切ろうとしたりする。 何だか分からないものが動いていたりすると、そりゃあもう心配になるらしい。

それが Windowsn Update の最中で、システム更新中に電源を強制的に切られたりしたら悲劇で済まないのである。 ちなみに、今回のpcは、放置しておいたら数分後に勝手に電源が切れていたらしい。 その後、特に何も問題なく使えている。

JUGEMテーマ:日記・一般
| ユーザーインターフェース | 22:08 | comments(1) | trackbacks(0)
ケータイのiメニューからマイページへの移動

iモードの携帯の話。 iメニューというメニューがあって、これを選択すると、いわゆるポータルのページが表示されるのだが、 ここからマイページに移動したいときは、 少し前までは、5回「↓」を押してクリック、でよかった。 これが最近、6回「↓」でクリックに変ったのである。 ということで、誤操作しまくっている状況。

何かうまい方法はないかな、と思ったのだが、 考えるまでもない、 単にマイページをブックマークに登録しておけばいいだけの話だった。

JUGEMテーマ:インターネット
| ユーザーインターフェース | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)
携帯の接続中表示

接続中の表示が画面の一番下にオーバーラップして表示される。 次のページへのリンクが、 この箇所に表示されていることが多いので、 接続が終わるまで次のページに移動できない。 画面の一番上に表示されていれば、 接続を中断して次のページに移動するのが楽なのだが。

リンクが画面下に来ることが多いというのは、デザイン次第で回避できるのかもしれないが、 何故かよく見るページは大抵そうなっている。 例えば Yahoo!とか。

JUGEMテーマ:日記・一般
| ユーザーインターフェース | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0)
トイレの水道の蛇口がセンサーになっている理由

蛇口というか、厳密にいえば栓か。ひねったり、上下したりさせて水流を調節する装置のことである。 言うまでもない、 手を洗う前に触れたら、バイキンとかそこに付着するから、 洗ってから同じところに触れたら洗った意味がない。 バイキンをクロークに預けてパーティに出た後にクロークからバイキンを受け取っているような感じ。

センサーで水を出す場合は、洗った後に手を触れずに済む。 なお、ここだけに注目するのであれば、センサーにする必要はない。 例えば、押せば一定時間だけ水が出るような装置でも構わない。 洗った後に触らなければいいのである。

さて、トイレのドアはどうやって開けたらいいか…。 自動ドアにすればよさそうなものだが、トイレってなぜか自動ドアが少ないような気がする。 蛇足しておくと、この場合、内側から自動ドアになっているだけでよい。 外からは自動で開く必要はない。 公衆トイレだとそもそも入り口にドアがない場合が多いが、 ドアがないということに重要な意味があるわけだ。

JUGEMテーマ:日記・一般
| ユーザーインターフェース | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0)
図書館の貸出機のタッチパネルがずれていた

5cm位ずれていたから、ボタンが全然ポイントできない。 係員の人に知らせておいたから修正するかもしれないが、 考えてみれば、 本を借りるところまではボタンを全く押さないで済むので、 最後に貸し出し用カードをボタンを押さずに取り出せるようにしておけば、 タッチパネルがなくても問題ないような気がする。

ちなみに、前にもそういうことがあったので、 少しずれたところを押してみる、という裏技で何とかなった。 なぜこんな所を、という所を押すというのは意外と面白い。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ユーザーインターフェース | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0)
現在の入力モードが分からない

Windows XP から未だに脱却できないのだが、 入力モードが無変換なのか「かな」になっているのか、 入力するまで分からなくて、 間違って入力してから切り替える、ということがよくある。 ブラウザが勝手に入力モードを切り替えてしまうのが諸悪の根源だと思うのだが、 自動的に切り替えて欲しいという人も案外いたりするので、 慣れの問題もあるのだろう。

基本的には、 いつも同じページ、同じソフトしか使わない人なら、 自動的に切り替わった方が便利な場合が多いだろう。 どこで何の入力モード、ということが固定されているからである。

私の場合、多数のソフトを使い、 多数のページで入力したい場合は、 どこで何の入力というのではなくて、 今何の入力モード、というのが常に頭の中に入っているので、 テキストボックスをクリックしたときにそのモードで入力しているつもりでキーを叩いてしまうから、 勝手に切り替わってしまうと困ったことになる。 とはいっても、1文字戻って入力モードを切り替える、 という操作が一瞬でできる位になってしまうと、 かなりどうでもいいレベルになるのだが。

そういえば以前、 カーソルの形状で入力モードが分かるようになるソフトがあったような気がしたのだが。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ユーザーインターフェース | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0)
メールの表示順序はどうなっているか

私の場合、普段は、新着順にメールを表示している。 これは上からメールを見ていくことが多いからなのだが、 プログラムの処理としては、新着順よりも、古いもの順に表示しておいて、 最後に新着が出ている、という方が簡単かもしれない。 見る側は、最後の方から見ればよいだけなので、 上下が逆になるが、慣れたらどちらでもあまり大差ないような気がする。

実際はメールの新着ではなく、 送信時刻の順にソートしたりするので、 処理が簡単といっても、あまり意味がない。 メールの時刻は案外いい加減だからだ。 おそらくメールボックスそのものの処理は、後から来たのを最後に追加していくだけだから、 負荷とか考えても無駄かもしれないし。

それよりも、Thunderbird のフォルダが処理中のまま新着を読まなくなってしまう件を何とかしないと。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ユーザーインターフェース | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0)
キーボードのサイズが合わないような気がする

おお、久々にUIの話だ、というわけでもないが、 キーボードのうち間違いが、どうもサイズの問題ではないかという話。 ノートのような明らかにピッチが小さいのは、指が対応してくれるのだが、 微妙なサイズ差がある場合は、ちょっとひっかけるような感じで隣のキーを押してしまうわけだ。

どうせ誓うのなら、派手に違った方が安全だ、ということか。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ユーザーインターフェース | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0)
フォーカスのあるウィンドウが最前面に出てくるということ

今更の話だが、 Windows で操作していると、 入力できるウィンドウが一番前に出てきてしまうために使いにくいと感じることが、 非常によくある。 特に、他のウィンドウを見ながら入力する場合に、 そのような状況によく陥る。

Windows から使い始めたという人は、 それが当たり前だと思っているのかもしれないし、 だから使いにくいとは思っていないのかもしれないが、 もし機会があれば、入力ウィンドウが一番前に表示されなくてもいい環境を使ってみて欲しい。 どれだけ便利か、実感できると思うのだ。 システム的には、そのような仕様にするのは、何の造作もないことのはずなのである。

誤操作、誤入力の問題が指摘されることはあるが、 画面が広いと入力ウィンドウ最前面でも誤ったウィンドウに入力というのは結構発生するし、 最前面入力を指定したければオプションで指定できるようにしておけば、 大抵の混乱は発生しないはずなのだが。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| ユーザーインターフェース | 04:22 | comments(1) | trackbacks(0)
応答時間は昔は3秒、最近だと1秒以内に画面出せというような話なのだが

せっかちになったのだろうか、 最近、Jugem の記事を書いた後に多分2〜3秒だと思うが待たされることがあって、 重いな、と感じることがある。 2〜3秒というのはそれほど長い時間ではないと思うのだが。

これが1分待っても戻ってこないようになったら、 最初からあきらめているので「投稿」ボタンをポチッとな、 と押したらすぐに別のページに行って放置したまま、 というような使い方になるので、 ヘンな話だがいくら待たされてもストレスにならなかったりする。 もっとも、これはUI的にはリアルタイムではなくて前世紀のバッチシステムなので、 全く別の話だ。

JUGEMテーマ:日記・一般
| ユーザーインターフェース | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2/4PAGES >>
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEW COMMENTS
NEW TRACKBACKS
LINKS
PROFILE